MINT JAMS

昨日に引き続き LP 盤を取り込み。Casiopea の Mint Jams は、出だしの Take Me と Asayake が涙モンなのはもちろん、最後の Swear まで一気に聴いてしまいます。20年前、ライヴ録音後にスタジオで編集、追加録音はなし、という作り方ですが、ホンマいい出来です。私の中ではベストアルバムに入るな。ライヴ行きたくなった…

Sweet Sphere は野呂一生氏の 1st ソロ。海外録音、ボーカルも入って、AOL な感じも致します。ダラダラ聴くのにいいですね〜。Mint Jams はつい聴き込んでしまうので体調が良くないとね。


Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrEmail this to someonePrint this page

“MINT JAMS” への1件の返信

  1. Take MeとAsayakeなんて曲名聞くだけで脳内でリフレインされますねぇ。Asayakeは収録アルバムやライブによってアドリブが入ったバリエーションがありますが(神保彰のドラムあたりに)聞くたびにつくづく「やっぱカシオペアの代表曲だよなぁ」と当たり前のように鳥肌立ててます(笑)
    初期のカシオペアの曲は多重録音や編集のテクニックもあるんでしょうが音の"厚み"がない分ソリッド感がまたたまらないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.