人体の不思議展

土曜の夜7時に入ったけど結構な人出でした。見渡したところ、女性が多くて、男性だけのグループっていなかったみたい。
で、行く前に聞いて気にしたほどのことはなく、平気に見ていられた。一番最初だけちょっと「え〜っ(なんやこれ)」って感じしたけど、生物と無生物の間というんかなー。不謹慎かもしれないけど食堂のサンプルを見ているような。
会場を出てから、役立つようにと遺体を提供した家族の方や遺体ご本人(変な表現だけど)に、小さくありがとうと言いました。
男性の標本が多かったのは何でやろ…

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.